学年別に講座を探す

小4~小6[2019年度]

「中学生になってから」はもう遅い!
自分で考え、判断し、表現できる力を。

高学年では学年に応じたさまざまな学びを通して、段階的に学力を育成。来るべき教育改革と社会の変化を見据え、一朝一夕では身につかない「思考力」「判断力」「表現力」まで鍛えていきます。

過去に例を見ない、「教育大改革」目前!

「学び方」の大変革は、日本が世界から取り残されないための最後の砦 日本の教育は今、激変のとき。
とくに小5以下の子どもたちは全員、これまでの学習法では 通用しなくなるほどの教育改革が行われようとしています。なぜ、それが必要なのかをご存知ですか?
決して2020年からの大学入試改革のためだけではありません。従来からの知識量や速さ、正確さに偏重した教育のままでは学力が世界水準から取り残されてしまうからです。
これからは自ら論理的に考え、表現するといった、新しい力が子どもたちに求められるようになります。文部科学省では、今後必要とされるこれらの力を「学力の3要素」と定義づけています。

エディック・創造学園は、学力の3要素を 「新学力スパイラル方式」により、同時進行で育成。 多くの教育機関が「知識・技能」の習得に偏りがちな中、エディック・創造学園ではいち早く「新学力スパイラル方式」が始動します。 これは、今後求められる学力の3要素を順に積み上げるのではなく、同時進行で育成するシステム。 2017年度からは、新講座も含め、すべての講座が学力の3要素のいずれかに当てはまる講座設計となります。進学塾として「第一志望校合格に責任を持つ」とともに、教育改革を乗り越え、未来を生き抜く真の学力を育む。それが、エディック・創造学園の解答です。

2019年度 講座設計

お子さまの学年を選んでください。

学年ごとの講座詳細がご覧いただけます。

  • 小4
  • 小5・6

思考力・表現力・読解力を徹底養成する。

小4メイン講座特進講座

130分 × 週2

「従来の学力+α」の力を育てる新たな学び

思考力算数

中学・高校でも成長し続ける
「数学脳」を養成する。

  • 動画を見せて「図形脳」を開発
  • さまざまな文章題に取り組み読解力を育成
  • 図形・文章問題に取り組み思考力を強化

教育改革のもとでは数学の中で国語的な能力が求められるなど、従来の教科が融合した「合教科型」と呼ばれる問題も登場します。そこで算数ではさまざまな文章題に取り組み、読解力や思考力を育成。また授業の中に動画を取り入れ、図形脳も鍛えます。

算数
  • 図形脳を日々の学習で鍛える
  • 図形脳を日々の学習で鍛える

    公式などのテクニックだけを学ぶのでなく、図形の展開図や切断面の映像教材を日々の学習に取り入れ、毎日の学習の中で「思考力」を育てます。

4技能国語

「聞く」「話す」「読む」「書く」
4つの能力を磨く!

  • 「聞き取りトレーニング」で集中力・判断力をアップ
  • 「論理エンジン」の導入により論理的思考力を育成
  • 「Daily Study」により家庭学習量も確保

「聞く」は聞き取る。「話す」は他の人と意見交換して自分の考えをまとめ発表する。「読む」は文章を論理的に読み解く。「書く」は自分の意見や考えを書く。これらの4技能を伸ばす訓練を通じて、「思考力」「表現力」「判断力」を育みます。

国語
  • 論理エンジンで読解力を身につける
  • 論理エンジンで読解力を身につける

    「読解力」の向上は、全ての教科に役立つ力。独自の国語教育システムとして名高い「論理エンジン」を国語の授業に導入しています。

創造学園文庫

好きな作品に親しみ徹底して多読!

創造学園では厳選した良書の多読をすすめています。読んだ作品の感想や自分の意見を発表する機会も設け、国語力を育てます。

創造学園文庫

中学先取り英語

必修化・教科化に向けた学校準拠型英語

2020年からの小学校での英語必修化・教科化に向け、将来の入試にも対応できる、学校準拠型の英語講座を小4から導入します。

※開講していない教室があります

英語

玉井式国語的理科教室

理科を通じて「論理的思考力」「表現力」を磨く

家庭で動画を見て予習した基礎知識を教室で復習し、記述式演習へ。主体的に学ぶことで論理的な思考を育み、表現力も高めます。

※開講していない教室があります

国語的理科教室

体験・発見社会

調べ学習により主体的な学びへの姿勢を育成

映像教材や調べ学習、発表などを取り入れ、主体的に学ぶ姿勢を育成。今後増えていく教科の枠を超えた出題や記述式の解答にも対応します。

※開講していない教室があります

社会
  • 小4無学年制習熟度別 セレクション講座小学英語 Sounds Fun!

    • 65分 × 週1
      • ベーシック
      • アドバンス
      • スーパー

      「正確に聞き取る」力が
      コミュニケーションの土台となります。

      将来、入試や資格試験において英語の4技能すべてが求められていく中、Sounds Fun!では「フォニックス学習法」により、4技能の根幹となる「聞く力」を鍛えることを重視。さらに音読トレーニングも行い、正しい発音で正確に話す力を身につけます。無学年制習熟度別のカリキュラムであるため、自分のレベルに合わせて英語力を高められます。

      クラス
      ベーシック、アドバンス、スーパーの三段階

      *スーパーは本山本部校・学園都市校・明石本部校・加古川本部校のみでの開講です。

      「聞く」力
      • 「聞く・話す」力を
        伸ばす
        5つの特長

      • 英語圏の子どもたちと同じ発音練習法「フォニックス」を採用

        英語圏の子どもたちと同じ発音練習法「フォニックス」を採用

        英語は音声と文字が一致する表音文字。ルールを学ぶことで、聞き取った単語を正確に認識し、きれいな発音を習得します。英語を母国語とする子供たちの英語学習にも採用されている学習法です。

      • 外国の子どもたちも使う「英語版テキスト」を使用

        外国の子どもたちも使う「英語版テキスト」を使用

        すべて英語で書かれた、海外の子どもたちが使用する英語版テキストを使うこともSounds Fun!の特長のひとつ。視覚的にもアルファベットで綴られた文章に慣れていきます。

      • 無学年制の3段階レベルカリキュラムなので途中からでも安心

        無学年制の3段階レベルカリキュラムなので途中からでも安心

        学年ではなく、英語の習熟度別に受講できる無学年制のカリキュラム。だから、途中入学者にも対応することができます。

        ※「Super」については一部開講していない教室があります。

      • 日本語の文章を見た瞬間に英語を口にする練習を行う「クイックトランスレーション」

        日本語の文章を見た瞬間に英語を口にする練習を行う「クイックトランスレーション」

        頭の中で考えてから話すクセが身についてしまわないよう、日本語の文章を見て瞬間的に英語を話す「クイックトランスレーション」を授業の最後に練習します。

      • 確実な効果測定「ポイント確認テスト」を学期ごとに実施

        確実な効果測定「ポイント確認テスト」を学期ごとに実施

        各学期修了時には、重要ポイントの習熟度を図る「ポイント確認テスト」を実施。一定の条件を満たすことができれば、次のレベルに上がることができます。

      サウンズファンでは英語を楽しむ企画が満載!

      学んだ成果を実践!本物の英語に触れる!

      Osaka ( オオサカ ) English ( イングリッシュ ) Village ( ビレッジ ) 」ツアー

      「Osaka English Village」ツアー

      英語ネイティブのインストラクターと、アメリカの日常や歴史、文化に触れながら楽しく英語を学ぶ一日体験ツアー。英語でのコミュニケーションの中で自信や興味を最大限に引き出します。

      クラスのみんなと楽しむイベント

      英語でハロウィン英語でクリスマス

      英語でハロウィン英語でクリスマス

      海外のイベントを授業に取り入れ、歌やクラフトなど、オールイングリッシュで海外の子どもたちと同じように取り組みます。

      言語の習得段階に沿うことで「聞く」「話す」の育成から「読む」「書く」にスムーズに移行できる。
      言語の習得段階に沿うことで「聞く」「話す」の育成から「読む」「書く」にスムーズに移行できる。
  • 小4セレクション講座ロボットプログラミング教室

    • 90分 × 月2
      • デベロッパー
      • マスター
      • イノベーター

      ロボット制御を通して「論理的思考力」を育てます。

      近年重視されているプログラミング。身近な場所で働くロボットの作製・制御を通して、今後必要とされる論理的思考力・問題解決能力・目標達成力を養成します。

      開講校
      本山本部校・六甲校・甲南山手校・西神本部校・学園都市校・西神南校・板宿校・垂水本部校・明石本部校・大久保本部校・浜の宮校・加古川本部校・手柄本部校・姫路本部校
      ロボットプログラミング
      • 低学年でも簡単にロボットが作れます!

        ロボットは、縦・横・斜めにつなげられるブロックと、センサー・モーター・LEDなどの基本パーツを使用。低学年でも簡単に使いこなすことができ、1つのキットを組み替えることで毎月違ったロボットが作れます。

        ロボットプログラミング教室
      • 身近な物を題材にした特長あるカリキュラム!

        作製するロボットは、信号機や自動ドア、洗浄トイレなど、普段の生活で使用する物を多数取り扱っています。現受講生の保護者の方からも、普段の生活から物の仕組みに興味を持つようになったとの声をいただいております。

        ロボットプログラミング教室

      ロボットプログラミングで養われる3つの力

      • 論理的思考力

        プログラムは、必要な処理を順序立てて一つひとつ積み上げる作業です。与えられた課題に対して、物事の筋道を整理し、矛盾することなく結論を導き出せる力は、大学入試だけでなく社会に出てからも役立ちます。

      • 問題発見・解決力

        プログラミングには失敗がつきもの。思い通りに動かない時に自分で原因を探り、何度も試行錯誤しながらプログラムを修正して解決する…。それは貴重な経験として、これからの社会を生き抜く力につながります。

      • 目標達成力

        ロボットは段階的にレベルアップするので、次も挑戦しようというモチベーションが高まります。トライアル&エラーの繰り返しで、次第にやり遂げる自信が生まれ、同時に計画力や完遂力も身についてきます。

      ロボットプログラミング教室

      小・中学生のための国際ロボット競技会

      URC大会に出場!

      URC(ユニバーサル ロボティクス チャレンジ)は、子どもたちがロボティクス技術への興味・関心を深め、チームワークを学びながら課題解決することをめざして開催されている国際大会です。ロボティクス初級者から上級者まで幅広く参加することができ、創造学園の「ロボットプログラミング教室」受講者にとっても有意義な力試しの場となっています。

      国際大会に出場!確かな成果があらわれています。

      2018年は、近畿地区大会に創造学園から5チームが参加。うち2組は全国の精鋭が集まる決勝大会へと進み、海外からの参加者もいる中で貴重な体験ができました。

      参加者・保護者様の声

      思考力とチームワークを発揮できた!
      • 1回目の競技では少しのズレで得点を失いましたが、チームで原因と対策を話し合い、2回目でロボットをうまく動かすことに成功!大会を通じて友達も増えました。今回学んだ思考力やチームワークを、今後の生活の中でも活かしていきたいです。(決勝大会に進んだAさん)
      • これまで、教室での授業内容について聞いても「楽しかった」の一言で、今回初めて実際に取り組んでいる様子を見ました。長時間集中して考え、チームメイトと相談しながら問題解決する姿を知り、「ロボットプログラミング教室に通っていてよかった!」と思えました。(Aさんのお母様)

思考力・表現力・読解力を徹底養成する。

小5・6メイン講座特進講座

130分 × 週2

「従来の学力+α」の力を育てる新たな学び

思考力算数

中学・高校でも成長し続ける
「数学脳」を養成する。

  • 動画を見せて「図形脳」を開発
  • さまざまな文章題に取り組み読解力を育成
  • 図形・文章問題に取り組み思考力を強化

教育改革のもとでは数学の中で国語的な能力が求められるなど、従来の教科が融合した「合教科型」と呼ばれる問題も登場します。そこで算数ではさまざまな文章題に取り組み、読解力や思考力を育成。また授業の中に動画を取り入れ、図形脳も鍛えます。

算数
  • 図形脳を日々の学習で鍛える
  • 図形脳を日々の学習で鍛える

    公式などのテクニックだけを学ぶのでなく、図形の展開図や切断面の映像教材を日々の学習に取り入れ、毎日の学習の中で「思考力」を育てます。

4技能国語

「聞く」「話す」「読む」「書く」
4つの能力を磨く!

  • 「聞き取りトレーニング」で集中力・判断力をアップ
  • 「論理エンジン」の導入により論理的思考力を育成
  • 「Daily Study」により家庭学習量も確保

「聞く」は聞き取る。「話す」は他の人と意見交換して自分の考えをまとめ発表する。「読む」は文章を論理的に読み解く。「書く」は自分の意見や考えを書く。これらの4技能を伸ばす訓練を通じて、「思考力」「表現力」「判断力」を育みます。

国語
  • 論理エンジンで読解力を身につける
  • 論理エンジンで読解力を身につける

    「読解力」の向上は、全ての教科に役立つ力。独自の国語教育システムとして名高い「論理エンジン」を国語の授業に導入しています。

創造学園文庫

好きな作品に親しみ徹底して多読!

創造学園では厳選した良書の多読をすすめています。読んだ作品の感想や自分の意見を発表する機会も設け、国語力を育てます。

創造学園文庫

中学先取り英語

必修化・教科化に向けた学校準拠型英語

2020年からの小学校での英語必修化・教科化に向け、将来の入試にも対応できる、学校準拠型の英語講座を小4から導入します。

※開講していない教室があります

英語

玉井式国語的理科教室

理科を通じて「論理的思考力」「表現力」を磨く

家庭で動画を見て予習した基礎知識を教室で復習し、記述式演習へ。主体的に学ぶことで論理的な思考を育み、表現力も高めます。

※開講していない教室があります

国語的理科教室

体験・発見社会

調べ学習により主体的な学びへの姿勢を育成

映像教材や調べ学習、発表などを取り入れ、主体的に学ぶ姿勢を育成。今後増えていく教科の枠を超えた出題や記述式の解答にも対応します。

※開講していない教室があります

社会
  • 小5・6無学年制習熟度別 セレクション講座小学英語 Sounds Fun!

    • 65分 × 週1
      • ベーシック
      • アドバンス
      • スーパー

      「正確に聞き取る」力が
      コミュニケーションの土台となります。

      将来、入試や資格試験において英語の4技能すべてが求められていく中、Sounds Fun!では「フォニックス学習法」により、4技能の根幹となる「聞く力」を鍛えることを重視。さらに音読トレーニングも行い、正しい発音で正確に話す力を身につけます。無学年制習熟度別のカリキュラムであるため、自分のレベルに合わせて英語力を高められます。

      クラス
      ベーシック、アドバンス、スーパーの三段階

      *スーパーは本山本部校・学園都市校・明石本部校・加古川本部校のみでの開講です。

      「聞く」力
      • 「聞く・話す」力を
        伸ばす
        5つの特長

      • 英語圏の子どもたちと同じ発音練習法「フォニックス」を採用

        英語圏の子どもたちと同じ発音練習法「フォニックス」を採用

        英語は音声と文字が一致する表音文字。ルールを学ぶことで、聞き取った単語を正確に認識し、きれいな発音を習得します。英語を母国語とする子供たちの英語学習にも採用されている学習法です。

      • 外国の子どもたちも使う「英語版テキスト」を使用

        外国の子どもたちも使う「英語版テキスト」を使用

        すべて英語で書かれた、海外の子どもたちが使用する英語版テキストを使うこともSounds Fun!の特長のひとつ。視覚的にもアルファベットで綴られた文章に慣れていきます。

      • 無学年制の3段階レベルカリキュラムなので途中からでも安心

        無学年制の3段階レベルカリキュラムなので途中からでも安心

        学年ではなく、英語の習熟度別に受講できる無学年制のカリキュラム。だから、途中入学者にも対応することができます。

        ※「Super」については一部開講していない教室があります。

      • 日本語の文章を見た瞬間に英語を口にする練習を行う「クイックトランスレーション」

        日本語の文章を見た瞬間に英語を口にする練習を行う「クイックトランスレーション」

        頭の中で考えてから話すクセが身についてしまわないよう、日本語の文章を見て瞬間的に英語を話す「クイックトランスレーション」を授業の最後に練習します。

      • 確実な効果測定「ポイント確認テスト」を学期ごとに実施

        確実な効果測定「ポイント確認テスト」を学期ごとに実施

        各学期修了時には、重要ポイントの習熟度を図る「ポイント確認テスト」を実施。一定の条件を満たすことができれば、次のレベルに上がることができます。

      サウンズファンでは英語を楽しむ企画が満載!

      学んだ成果を実践!本物の英語に触れる!

      Osaka ( オオサカ ) English ( イングリッシュ ) Village ( ビレッジ ) 」ツアー

      「Osaka English Village」ツアー

      英語ネイティブのインストラクターと、アメリカの日常や歴史、文化に触れながら楽しく英語を学ぶ一日体験ツアー。英語でのコミュニケーションの中で自信や興味を最大限に引き出します。

      クラスのみんなと楽しむイベント

      英語でハロウィン英語でクリスマス

      英語でハロウィン英語でクリスマス

      海外のイベントを授業に取り入れ、歌やクラフトなど、オールイングリッシュで海外の子どもたちと同じように取り組みます。

      小学部特進講座「英語」との併用が効果的!

      Sounds Fun! で音と文字のルールをしっかりと学んでいくことで、無理なく「書く」ことへつなげていくことができます。それを土台として特進英語で教科書の英文を書く訓練を徹底することで英語4技能を着実に鍛え、今後難化するであろう、中学英語に対応できる素地を作ることを目指します。

      ※特進講座「英語」はエディック・創造学園各校での開講となります。

      言語の習得段階に沿うことで「聞く」「話す」の育成から「読む」「書く」にスムーズに移行できる。
      言語の習得段階に沿うことで「聞く」「話す」の育成から「読む」「書く」にスムーズに移行できる。
  • 小5・6セレクション講座ロボットプログラミング教室

    • 90分 × 月2
      • デベロッパー
      • マスター
      • イノベーター

      ロボット制御を通して「論理的思考力」を育てます。

      近年重視されているプログラミング。身近な場所で働くロボットの作製・制御を通して、今後必要とされる論理的思考力・問題解決能力・目標達成力を養成します。

      開講校
      本山本部校・六甲校・甲南山手校・西神本部校・学園都市校・西神南校・板宿校・垂水本部校・明石本部校・大久保本部校・浜の宮校・加古川本部校・手柄本部校・姫路本部校
      ロボットプログラミング教室
      • 低学年でも簡単にロボットが作れます!

        ロボットは、縦・横・斜めにつなげられるブロックと、センサー・モーター・LEDなどの基本パーツを使用。低学年でも簡単に使いこなすことができ、1つのキットを組み替えることで毎月違ったロボットが作れます。

        ロボットプログラミング教室
      • 身近な物を題材にした特長あるカリキュラム!

        作製するロボットは、信号機や自動ドア、洗浄トイレなど、普段の生活で使用する物を多数取り扱っています。現受講生の保護者の方からも、普段の生活から物の仕組みに興味を持つようになったとの声をいただいております。

        ロボットプログラミング教室

      ロボットプログラミングで養われる3つの力

      • 論理的思考力

        プログラムは、必要な処理を順序立てて一つひとつ積み上げる作業です。与えられた課題に対して、物事の筋道を整理し、矛盾することなく結論を導き出せる力は、大学入試だけでなく社会に出てからも役立ちます。

      • 問題発見・解決力

        プログラミングには失敗がつきもの。思い通りに動かない時に自分で原因を探り、何度も試行錯誤しながらプログラムを修正して解決する…。それは貴重な経験として、これからの社会を生き抜く力につながります。

      • 目標達成力

        ロボットは段階的にレベルアップするので、次も挑戦しようというモチベーションが高まります。トライアル&エラーの繰り返しで、次第にやり遂げる自信が生まれ、同時に計画力や完遂力も身についてきます。

      ロボットプログラミング教室

      小・中学生のための国際ロボット競技会

      URC大会に出場!

      URC(ユニバーサル ロボティクス チャレンジ)は、子どもたちがロボティクス技術への興味・関心を深め、チームワークを学びながら課題解決することをめざして開催されている国際大会です。ロボティクス初級者から上級者まで幅広く参加することができ、創造学園の「ロボットプログラミング教室」受講者にとっても有意義な力試しの場となっています。

      国際大会に出場!確かな成果があらわれています。

      2018年は、近畿地区大会に創造学園から5チームが参加。うち2組は全国の精鋭が集まる決勝大会へと進み、海外からの参加者もいる中で貴重な体験ができました。

      参加者・保護者様の声

      思考力とチームワークを発揮できた!
      • 1回目の競技では少しのズレで得点を失いましたが、チームで原因と対策を話し合い、2回目でロボットをうまく動かすことに成功!大会を通じて友達も増えました。今回学んだ思考力やチームワークを、今後の生活の中でも活かしていきたいです。(決勝大会に進んだAさん)
      • これまで、教室での授業内容について聞いても「楽しかった」の一言で、今回初めて実際に取り組んでいる様子を見ました。長時間集中して考え、チームメイトと相談しながら問題解決する姿を知り、「ロボットプログラミング教室に通っていてよかった!」と思えました。(Aさんのお母様)