資料請求
無料体験
採用情報

エディックニュース

ホーム > 教室を探す > 西神南校 > 教室ニュース > なぜ玉井式が全国で支持されているのか?

西神南校 教室ニュース

2018/03/07

なぜ玉井式が全国で支持されているのか?

講習会情報

「なんでこんな簡単な文章問題なのに引っかかってるんだろう?」


「この文章問題は引き算をしないといけないのに、うちの子は足し算をしてしまっているわ。」


こんな経験ありませんか?


今日は低学年のお子様がいらっしゃる親御様に、お伝えしたいことがあります。


長文になりますが、最後までお読みいただければ幸いです。


 


「小学1・2年生が学校で習う算数なんて、足し算と引き算、そして九九ぐらいよね。うちの子は特に困っている様子もないし、今のところは大丈夫!」


もしかしてそう思っていませんか?


そう思っていると、実はとても危険です。


目に見えないところで学力の差がつき始めているかもしれません。


学校のテストの結果だけを見て安心していると、取り返しのつかないことになることも考えられます。


なぜなら、「計算はできても、意味を理解していない可能性がある」からです。


 


子どもたちが学習する算数は、順番が決まっていて、やり方が決まっていて、その通りにすればたいていの問題は解けます。


だから気付きにくい。


本当はあまり意味を理解しておらず、「足し算を習ったからこの問題は足し算を使えばいいはず」という感覚で、文章問題を解こうとする子どもは非常にたくさんいます。


困ったことに、たいていはこれで正解してしまうのです。


この経験が積み重なると、文章読解力はどんどん下がります


小学校1年生の1年間もあれば、間違いなくそうなります。


 


では一体、そんな状態でどうやって文章問題を解いているのか・・・


 


正解は、「文章は読むけど、とりあえず数字を探して、足したり引いたりしている」だけです。


もちろん子どもにそんな感覚はありません。むしろみんな一生懸命です。


そんな子どもからしてみたら、ちゃんと文章を読んで、ちゃんと式を書いて計算しているわけですから、もしあとで不正解と言われても、たいていの子はそこでやる気をなくしてしまい、しだいに算数嫌いになってしまいます。


 


これを防ぐには、とにかく頑張って意味を考える、その訓練の場を与えてやる必要があります。


しかも楽しみながら。


計算方法も大事ですが、それは1番ではありません。


最も大切なのは、「意味がわかること」です。


 


たとえ他人と異なる方法で解いたとしても、自分なりにちゃんと意味を考えていれば問題ありません。


柔軟な思考がまだまだ可能な低学年の間に、そんな経験をたくさん積むことが、4年生以降の算数における学習効果を飛躍的に伸ばします。


それを可能にする教材・指導方法が、「玉井式国語的算数教室」なんです。


この教材は学年の枠を飛び越えて、「イメージング力」(=意味を理解して考える力)を向上させることに特化したものとなっています。


特に新小学3生の場合、これから最後の計算である、「割り算」を学習することになりますが、上記のようなことは確実に影響します。


 


ほんのわずかな期間ですが、ぜひ春期講習で「玉井式国語的算数教室」をご体験ください。


きっと今までと違う世界が広がるはずです。


ご連絡お待ちしております。