資料請求
無料体験
採用情報

エディックニュース

ホーム > 教室を探す > 土山校 > 教室ニュース > 小5算数授業の様子

土山校 教室ニュース

2018/02/19

小5算数授業の様子

活動報告

理系担当の勝本です。


算数では授業の初め10分で『形の匠』があります。先週小5生は、前回は点が動いて図形の形や大きさが変化する『動点』の問題、今回体験授業では三角形が平行移動して四角形と重なる部分の形が替わる図形の移動の問題をしました。いずれも高校入試にも出題されたことがある問題です。思考力や図形のセンスが試される、といったことが言われるかもしれませんが、ここは問題を解いて鍛えておく部分だと思います。中学生だと、『図形は苦手』とか『意味が分からない』となりがちですが、スポーツでいうと初心者でいきなり試合に出たような感じになっているだけだと思います。


先が長い子どもたちだけに、いろいろな部分で可能性を広げたいと思いながら授業をしていますが、そんなことは子どもは全く意識していないと思います。できるようになって、何かに結び付いた後でふりかえるとわかることのほうが多いと思います。次年度もしっかりがんばってもらおうと思います。