ニュース

手柄本部校 教室ニュース

2020/04/21

学校が再開しても5月はオンラインでの指導を継続します

お知らせ

創造学園では、緊急事態宣言明けとなる5月7日(木)以降、学習塾のあるべき姿としてどう活動すべきか繰り返し検討を重ねて参りました。


その結果、
① コロナウイルスによる感染は、いったん収束しつつあるように見えても、油断するとまたぶり返し、あまりに早期に以前の活動に戻ってしまうのは危険だとも言われていること。
② お子さまの学習に関する不安を感じられながらも、人が集まる環境に子どもたちを通わせることに不安を強く感じられている保護者が多くいらっしゃると考えられること。
③ 創造学園の工夫を重ねてきたオンライン授業であれば、通常の授業と変わらない指導効果を実現することも十分可能だということ。


これらの点を踏まえ、今、創造学園が果たすべき社会的責任は子どもたちの安全を確保することであり、感染拡大のきっかけを作らないことであるとの結論に至りました。
そのため5月7日(木)以降も、学校再開の有無にかかわらず、創造学園は子どもたちに通塾をさせないオンラインによる指導を継続いたします。


創造学園のオンライン授業は、単に授業を行うだけではなく、授業内で小テストを行って理解度確認をしたり、子どもたちからの質問を受け付けたりするなど双方向性やライブ感にこだわり、日々工夫を重ねてきました。その結果、多くの子どもたちが欠席することなく、毎回授業に参加してくれています。また4月中旬からは学習習慣の継続を目的に、オンライン上での「見守りタイム」を授業以外に設け、子どもたちのモチベーションアップや学習内容の指示・アドバイスも行い、より充実した取り組みに進化しています。


6月になれば、おそらく感染拡大の危険性は大きく下がっていることでしょう。創造学園も通常の通塾による指導を再開する予定です。それまでは感染リスクを下げ、オンラインによる授業や個別のフォローで子どもたちの安全を確保しながら、学力向上に努めて参ります。何卒、趣旨をご理解いただき、安心して創造学園にお任せいただきますようお願い申し上げます。


以上