資料請求
無料体験
採用情報

エディックニュース

ホーム > 教室を探す > 土山校 > 教室ニュース > 中1保護者会・勉強方法を考える②

土山校 教室ニュース

2017/10/24

中1保護者会・勉強方法を考える②

活動報告

中1保護者会(親子参加)を実施しました。ノートの取り方や成績向上方法、先輩の勉強方法、感情面の脳への影響などいろんなテーマがあると思いますが、今回は記憶について40分ほど時間をとって話をしました。課題テストや入試に向けて、中長期記憶がポイントになるので、今後の勉強について考える機会となりました。


エビングハウスの忘却曲線は有名ですが、100年以上前の実験結果で導きだされたものです。その後、いろいろな心理学の実験で明らかになった事例から、陥りがちな罠への対処や脳への保存と検索(入力と出力)の理想的な割合などを説明しました。難しい話も多かったと思います。


後日の授業で、重要な内容の小テストをいきなり復習ですると、「え?」とか言わずに黙々とがんばってくれましたので、やってよかったなと思いました。


授業では基本的に脳の性質を反映させているのですが、生徒にするとこのタイミングで小テスト?とかなぜこれだけの数をここでこなすのか、などわからないことも多いと思いますが、こういう理由かとわかってもらえたり、テストで点数を取るには方法が大事とわかってもらえれば幸いです。