資料請求
無料体験
採用情報

エディックニュース

ホーム > 教室を探す > 土山校 > 教室ニュース > 小4 面積の授業

土山校 教室ニュース

2017/09/30

小4 面積の授業

活動報告

理系担当の勝本です。


夏休みに面積の授業をしたあとの、面積の復習。


初めての生徒、2回目の生徒が混ざったクラスですが、そのままやると簡単なので周りの長さが12センチ(12センチの紐)を使って辺の長さが整数の四角形を作り、どれが一番広いかを考える授業をしました。


「周りの長さ」が絡む応用問題は、中1生でさえ半分ほどの正答率になる問題もありこの設問にしたのですが、たてと横の長さの和は6センチになるのを気づいてもらったあと、写真の3通りの四角形はサッと言ってくれて、「おおー!」とか言いながら授業は進み・・・


「どれが一番広いと思う?」と質問すると、意見はきれいに3通りに分かれました。


写真の板書をその後、1平方センチの四角形に区切って(区切った瞬間、アッと正解がわかったようです面積を確認して、1平方センチの正方形が面積の基準であることやたて×横の再確認をしたのですが、しっくり来たようです。


その後20分ほどで辺の長さを求めたり、複合図形の面積まで一気に復習は進みました。いろいろな角度で理解することが大事というのは理解しているつもりですが、やる気も深く掘っていくんだなと改めて思いました。うまく授業に乗ってくれるエディック生のすごさや素直さを感じた次第です。


10月のポイント確認テストに向けて、応用問題数をこなし、しっかり定着をさせようと思います。